キャッシング 即日融資

審査までの時間を間違え大失敗

その時私はこんな感じ

私が初めてキャシングを行ったのは、社会人一年目の23歳の時でした。一人暮らしを始め、何かと物入りになった私は、貯金を使い尽くしてしまったのでした。

 

女性の一人暮らしという事もあり、インテリアなどへのこだわりが強かった私は、生活費の事など考えずに欲しいものばかりを購入してしまったのでした。

お金に困った理由は?

気付いたころには、財布に数千円ほど。まだ、給料日まで半月以上もあったのでした。その上、飲み会などの誘いも多く、どう考えても給料日まで生活する事は出来ません。

 

困った私は、初めてキャシングを利用しようと思ったのです。しかし、消費金融でキャッシングを利用す事に抵抗のあった私は、最後の最後まで、どこでキャッシングを行うのか迷い、その結果、財布のお金も底をついてしまう事になったのです。

どんな失敗をしたのか?

もうダメだと思って審査の申し込みをしたのが土曜日。最短30分と書いているところに申し込んだのですが、実際、その時間で審査を行っているのは平日のみ。月曜日も祝日だったため、結局、審査結果がわかるのが火曜日になってしまったのでした。

 

そんな説明書きを見逃していた私は、土曜日でもすぐに審査結果を知る事ができると思っていたため、残り3日をどう過ごすのか、慌てふためいたのでした。もっと、お金が必要と思った時点で早く申し込めば良かったと思って後悔しても仕方がありません。このような失敗を元にそれからは、お金が必要だと思った時には早め早めの対策を取るよう心掛けています。