突然の早期退職で生活費がまわらなくなった

その時はどういう属性?

私は41歳から45歳までの間、キャッシングをしていました。私は女性ですが、当時一人暮らしをしていました。

どういう理由でキャッシングしたの?

キャッシングを始めたきっかけは、ある仕事を期間雇用でやっていたのですが、突然の前倒しとなり、早期に退職をしなければならなくなりました。

 

そこでも給料はかなり低く、毎月、ギリギリの生活を送っていました。そこへきて、突然の早期退職になったので、私は急いで次の仕事を見つけました。しかし、次の仕事は給与の支払い日が遅く、通常の支払いのサイクルに間に合いません。

 

私はなんとかやりくりをしようと頑張ってみたのですが、それでも支払いに間に合わせることができませんでした。

失敗した要因はなんだったの?

そこで、クレジットカードのキャッシング機能を使うことにしました。その後も、なかなか常用の仕事に就けなかったり、収入が思うようでなかったりして、経済的にかなり厳しい状態が続きました。

 

その後に法律の改正で、キャッシングの方法が変わり、私は収入が少なかったために、キャッシングができない状態になっていきました。そこで、いよいよ家賃も払えない状態になってしまい、止むなく実家に戻ることになりました。

 

キャッシングの引き落としができなくて、催促状が来たり、税金の支払いができずに赤字で書かれた支払い催促状が来たりしました。そこには、期日までに支払わないと、財産の差し押さえをすると書いてありました。

結果現在どうなっているの?

その後は、キャッシングなどの借金は実家に立て替えてもらい、今は実家に毎月返済を続けています。

 

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関