営業職のストレス発散にお金を使いすぎた

その時はどういう属性?

私は当時25歳で、医療機器メーカーの営業の仕事をしていました。仕事がとてもストレスが貯まる職場で、休日には、パチンコに行ったりキャバクラをして、自分のストレスを何とかごまかしていました。

どういう理由でキャッシングしたの?

ですが、自分の給料だけでは、そんな生活を長続きさせることができません。当時の私は、深く考えることもなく、消費者金融からお金を借りようと思いました。

 

キャバクラやパチンコに行くためにお金を借りることは、良くないことだと、漠然とした考えは持っていましたが、そうでもしないと仕事をまともにすることができないと、勝手に思い込んでいました。

 

まだ消費者金融を利用したことがなかったので、審査は普通に通り、希望金額の20万円を借り入れすることができました。お金を手にして浮かれてしまった私は、その日にの内に10万円借り入れて、パチンコとキャバクラ遊びを楽しみました。

失敗した要因はなんだったの?

そんな生活を繰り返している内に、1社からは限度額まで借りてしまい、次に借りれる消費者金融を探しました。そんなことをやっている内に、借金の返済だけで給料がなくなるくらいまで借りてしまったのです。

 

失敗した原因は、自分の欲のままにお金を借りてしまったことです。それだけです。逆の自分の欲を満たすためだけに、お金を借りてはダメなことが身にしみました。

結果現在どうなっているの?

結果的に自分ではどうすることもできず、両親に泣きつきましたが、総額150万円の借金は両親にもどうすることもできず、最終的に自己破産することになりました。今は、毎日建築現場で重労働をしながら、日払いの仕事をしています。

 

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関