無職ですがキャッシングしたいんですけどできますか?

無職でもキャッシングできる?この場合の無職の意味は?

無職でもキャッシング業者を利用して借入を受けることは一部の方は可能です。これについては、あくまでも『ある方は無職でも与信があるとみなされる』というレベルの話であり、無職の人なら通常はもちろん返済源がないわけですから借り入れは不可能です。

 

まず無職という人の定義としては、その名の通り『職に就いていない』人のことをいいます。無職と一言で言ってもその範囲は広く、『職に就いていない』という意味では学生も無職という立場になります。

 

 

では学生はキャッシング業者から融資を受けることができないのかといえば、アルバイトなどで収入を得ていれば特に問題なく借入を受けることが可能です。しかし民法の関係から、

 

 

年齢は20歳以上と決められています。親の同意があれば法律的には貸せるのですが、大手は全て20歳以上になっていますので、貸してくれるところには注意しましょう。


無職という立場の人をいわゆる『正社員として勤務していない人』という意味まで広げれば、パートやアルバイトで収入を得ている人やフリーターもそのカテゴリーの中に含まれることになりますが、こうした人たちも安定した収入があればキャッシング業者からお金を借りることができます。

 

 

つまり、無職であっても『安定した収入』があればそれをもとにお金を借りることが可能ということになります。


完全な無職の専業主婦はキャッシングできる?

無職の人が『安定した収入』とみなされるケースにはこうしたアルバイトなどで収入を得ている場合に加え、専業主婦のように自身に収入がなくても、配偶者に安定収入があればそれで借入を受けることができるというケースもあります。もちろんこの場合は、

 

 

  • 旦那自身にカードローンを作ってもらってそれを使う。
  • 専業主婦自身で配偶者の与信でカードローンに申込む。

この二通りになるわけですが、前者は旦那さんに他に借り入れがなければ比較的難しくはないでしょう。後者の場合は、以前までは総量規制の対象外の銀行カードローンが、専業主婦に小額の借入枠を作ってバンバン『貸していたのですが、

 

 

現在では金融庁の指摘により、収入のない方や収入の低い方(返済見込みの薄い方)への貸し出しは自主規制していますので、銀行では厳しくなってきています。


なので編集部の調査では現在専業主婦がキャッシング出来る銀行カードローンスルガ銀行のリザーブドプランのみになっています。

 

ただし、専業主婦の場合は自身が収入を得ているわけではありませんので、総量規制の対象である貸し金御者からは借りることが出来ません

 

 

なお、こうした状況はあくまでも『無職でキャッシングができる』一例にすぎません。前述のように、無職の人が全員キャッシング業者を利用できるというわけではありませんし、もしも審査に通ったとしてもキャッシング可能な金額というものは決して多くはありません。

 

ほとんどの場合1社あたり10万円前後か、多くても30万円といったところでしょう。しかし、無職でカードローンが利用できないというわけではありませんので、一度検討してみても良いかもしれません。

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関