信用情報機関の登録情報について

信用情報機関で何がわかる?

信用情報機関とは一言で説明すると個人信用情報の収集と提供を行っている機関です。この個人信用情報機関で取り扱っている情報というのは個人が金融機関から借りた金額、返済状況、残高、融資件数、申し込み件数、クレジットカードの利用歴なども含まれています。

 

クレジットカードやカードローンの申し込み審査の際には必ず属性などのスコアリングの審査とは別に個人信用情報から情報提供をしてもらいその情報を確認した上で審査結果が出るといえます。

 

審査に通りにくい人というのはクレジットカードやカードローンなどを全く利用した事がなく個人信用情報が真っ白な状態の人、もしくは

 

 

返済に遅れがある場合や複数申し込みをして審査に落ちている人などは信用が低いということになります。また、他社金融機関からの借入れ額なども分かる


ので、事前に本人が申告している内容と相違があれば当然審査には通らないという結果になるのです。

主な信用情報機関について

個人信用情報機関は大別して3つの種類があり、1つ目は全国銀行個人信用情報センター略「KSC」で、全国銀行協会が運営していて銀行系のカードローンなどの審査の際に利用されます。

 

2つ目は株式会社シー・アイ・シーで、略「CIC」はクレジットカード会社が審査の際に利用する個人信用情報センターです。3つ目は日本信用情報機構で略称「JICC」で、消費者金融専業会社と商工ローン会社が出資し利用しています。

 

これら3つの違いは出資・運営と利用する金融業者の形態で役割としては同じものでそれぞれが連携して情報交換なども行っています。

 

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関