利息制限法とは?

消費者金融などからキャッシングしようと思った時に一番気になるのがやはり

 

 

どれくらいの利息を支払うことになるのか?


 

ということでしょう。それはどうしてかというと、昔は消費者金融でお金を借りると信じられないくらい高い利息の支払いを請求されるというトラブルが多かったからそういったイメージがあなたの中にも浸透してしまっているのです。

 

ですが、最近はそういうトラブルもかなり減りました今は法整備も進んで

 

利息制限法出資法の間の金利であるグレーゾーン金利がなくなった


からなのです。ですから、今の時代は多くの場合消費者金融のキャッシングを利用しても法外な利息の支払いをされる事もなくなりました。ですが、もちろん今でも

 

 

悪質な金融会社があるのでお金を借りる消費者金融によっては利息制限法に違反した利息の請求をしてくる消費者金融もあります


がここで紹介する

 

 

大手消費者金融や銀行カードローンではそのような事は一切ありません


 

しかも、最近は利息制限法という法律があるで法外な利息の支払いを請求していないように見えるような金銭消費者貸借契約書を取り交わす事もあります。ですから、中には一見して法律に反していないと思って悪質な消費者金融からお金を借りてしまうという方もいると思います。

 

ですが、実際はいくら借金の返済をしても利息の支払いをずっとさせられる事もあるのでそういう事が少しでも感じられる時はすぐに弁護士や司法書士に借金相談をして本当に利息制限法にその消費者金融が違反していないか確認する事をおすすめします。それで無用な借金返済を避ける事ができるようになるのでぜひそうした方が良いです。

利息制限法の定める最高金利
10万円未満 年20%
10万円以上で100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

 

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関