キャッシング 即日融資

出資法とは?

昨今法律事務所が盛んに広告を出し、払いすぎたお金が返ってくるかもしれないというアナウンスをしています。グレーゾーン金利という言葉は以前より良く聞くようになりましたが、これは

 

 

利息制限法と出資法の間の金利差


の事を示しています。出資法とは

 

 

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律


を略したものです。金銭を貸し出す時に業者は出資法を根拠に利息制限法を超える金利で過剰な金利を請求していた所が多くありました。それは貸金業者は利息制限法を超える金利で貸し出しても、

 

 

出資法で定める金利を超えない限り罰則が無い


という出資法の上限金利が貸金業規制法に根拠付けられている状態にあったからです。利息制限法はほぼ意味を成さない法律となっていました。

 

しかし、この2つの法律の矛盾点や厳しい取立てなどが社会問題化される中でついに出資法が改正され、2010年に完全施行されました。出資法の上限金利を利息制限法と同じにしたのです。

改定後の出資法の定める最高金利
10万円未満 年20%
10万円以上で100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

この法律の改正もあり、今まで借金をして金利を払ってきた多くの人が支払いすぎの金利分を回収すべく、債務整理が日本全体に広がっていき冒頭に書いたように法律事務所が大々的に広告をするというサイクルになっていったのです。

 

また、出資法はお金を貸し出す場合のみではなく、元本を保証してさらに高額な金利支払いを約束しますといったような悪質な投資業者に対しても規制をかける法律です。お金を借りる際にも、投資をする場合にも出資法に則った金利になっているかを確認する事が非常に重要です。