カードローン利用時の利息計算方法

カードローン審査に通ってキャッシングやローンを利用する時には金利に応じた利息を支払う必要があります。この利息を計算しておかないと返済時に想像以上に負担になってしまい返済に苦労する事もありますから、借り入れを行う前に金利設定を知って利息計算を行い活用する事が望ましいですね。

 

業者によって金利設定は違っており消費者金融の場合は初利用時は大体18.0%スタートでの利用が多く、銀行の場合は14.5%前後の金利設定になっており、カードローンキャッシングの利息計算方法は、

元金×金利×借入期間

によって割り出す事が可能になっています。分割返済の場合には返済毎に元金の変動が起こる事になりますから、

借入残高×金利×借入期間

によって計算する事が出来るようになっています。借入残高によって利息を計算する方法は残債方式と表現し、残債方式によって利息計算した年利を実質年率と表現します。銀行では実質年率が低めで消費者金融では高めの設定になっており、消費者金融を利用する時には短期間で返済した方が良いというのは利息負担の大きさから負担がかかるからです。

 

金利は大きな借入を行うほど低くなっていく特徴があります。有担保ではありますが住宅ローン等の大きなカードローンになると金利が非常に小さくなりますし、住宅ローンに限らず車ローン等用途が明確なローンを組んだ時も金利が小さくなり、用途が自由なフリーキャッシングでは高金利になる傾向にありますから、カードローンを利用する時にはどれくらいの融資額で金利がどうなるのか、目的ローンの場合はどういう金利の数字になるのかを把握して、返済の計画を練った上で借り入れを行う事が望ましいですし、必ず金利から利息負担額を割り出して借金の完済までに必要な日数や利息を計算した上でカードローンを活用する事が望ましいです。

 

この利息を計算に入れておかずに借金を重ねていくと返済を滞納させてしまったり、生活を圧迫させたりする事もありますから必ず計算して使いましょう。

 

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関